鈴木宣之(チチロー)のページを説明

少年野球バッティング指導DVD

鈴木宣之(チチロー)

鈴木宣之氏は、言わずと知れたメジャーリーガーイチローの実父。通称チチローと呼ばれている。イチローの個人事務所オフィス・イチローの代表。

鈴木宣之氏を語るに外せないのが少年時代のイチローとの野球の練習の話だ。3歳の時におもちゃのバットを与えたところ、寝る時も手放さないほどの野球好きになったという。小学校3年生のときに地元の少年野球チームに所属するも、日曜日にしか練習がなかったため平日は毎日親子で暗くなるまでキャッチボールやバッティングの練習をしたそうだ。これを中学卒業まで続けた。

ここでは、イチロー親子のバッティング練習(宣之氏の指導法)にフォーカスして記事を書いていきたいと思います。ただ単に打つだけでなく、いろいろな工夫を施して練習を日々重ねていた。たとえば、バッティングセンターで150キロの速球に対応するためにバッターボックスに非常に近いところから打ったりしていた。またストライクとボールの見極め(選球眼)を鍛え、狙った球だけを打たせていた。これを毎日2時間、9年間続けた。300万円かかったらしい。寮生活をしていた高校時代も練習を見に行っていたという。

鈴木宣之氏によると、イチローにいつも言い聞かせていたのは、「人はひとりで生きているわけではない。」という言葉。周りの人のおかげで自分がいると感謝しなさいと教えてきたそうである。また野球に必要不可欠な瞬時の状況判断力を養うためには勉強が必要ということでイチローに基礎学問を身に付けさせていたそうである。

親子の絆がイチローを生んだといってもいいかもしれません。ここまでするかというくらいの子供への愛情の大きさが努力を重ねる糧となり、花を咲かせる源となるのだと感じました。

少年野球バッティング指導DVDの鈴木宣之(チチロー)のリンクについて

少年野球バッティング指導DVDの鈴木宣之(チチロー)のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]阪口慶三
>>[次]上甲正典
少年野球バッティング指導DVDのTOPへ
"鈴木宣之(チチロー)"のTOPへジャンプ

☆わが子を一流のバッターにするバッティング指導方法知りたくありませんか?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。